2019/04/16

【巡りNo.3】発酵・大醸す祭り!味噌盛りで賑わう峰村醸造

 

今春でみそ探訪を始めて3年。
今回も相変わらず夜行バスに乗って取材に行って来ました♪
東京新宿から新潟までは夜行バス¥3500、約6時間半で到着出来ます。
眠って朝になったら新潟到着!

 

新潟県新潟市沼垂(ぬったり)地区にある峰村醸造は新潟駅から徒歩15分程の場所にあります。
今代司酒造(いまよつかさしゅぞう)、古町糀製造所の3社共同で
半年に1回イベントを開催しており、今回が第6回目の開催でした。(入場無料)
昨年夏に仕事で新潟を訪れた際にこのイベントのことを知り、今回訪問することに。

新潟伝統の万代太鼓、沼垂小学校の鼓助の皆様の演奏でオープニング!
(※私が訪問したのは2日目だったので、こちらの写真はスタッフ様にいただき使用しております。)

 

かつては50近くあった醸造場も今では2蔵に。
沼垂地区=「醸す地区」だという個性を地域の皆様はじめ、
多くの方に知っていただきたいと始められたイベントは2日間で約2万人を動員する程の大きなイベントに成長!
開店の10時よりも前に伺った時点で長蛇の列が出来ていました。
蔵の外から中までぐるーっと、この列は夕方までずっと途絶えることなく続きます。

 

皆様のお目当てはワンコイン¥500 30秒で味噌盛り放題の世界味噌盛選手権!

2日間で14トンの味噌が盛られて行きます。
ちなみに4トン=1日3杯の味噌汁×365日×202年分の量!

 

 

ビニール袋をかけたカップをを手のひらにのせ、社員さんのお声がけで盛り放題スタート。
カップから溢れるほど盛る皆さんはとっても真剣。笑
平均3kg、4kg超える方も続出し、50名分のプレゼントも初日になくなってしまったそう。

「みそ良い香り!」「どうやって食べる?」「みそ盛り楽しかったね!!」
そんな会話があちこちから聞こえていました。
実際に触れてもらうと、距離ってぐっと近くなるものだと改めて感じます。

子ども達用の味噌スペース。
自分で出来るって嬉しいよね。みんな楽しそうに上手にモリモリ詰めていました♪

 

 

蔵の横には商品販売店舗もあり、100袋限定のお得な福袋はじめ、みそを使用した特別商品も販売。
(左)メロンパン:近隣サフランとのコラボ商品、クッキー生地の部分がみそ風味に
(右)バームクーヘンはしっとり柔らかかったです

子ども達にも人気のガチャ♪

モツ炒めとポテトフライを作られていた、峰村醸造のスタッフ様方。
年明けの展示会でブースに御挨拶に伺ったことを覚えていてくださり、とても嬉しかったです**

 

(左)Bake A.:峰村醸造の味噌、今代司酒造の酒粕などでケーキやクッキーを販売
(右)C’skitchen:青果かき氷やポタージュなど販売

主催は本業味噌製造業の皆様。初めは何をどうしたら良いか・・・の状態からスタート。
近隣の沼垂ビール様に相談しに行き、そこから沼垂テラス、そこからまたご紹介という流れの中、
今では出店させてもらえませんか?というご連絡を沢山いただくまでになったそう。
イベント初期から携わってくださっている方を大切にしたいとお話されていることに、とても共感しました。
やっぱり人の繋がりって大事です。

  

  

  

今回食べた味噌を使用した料理とスイーツ。
これでも量を減らしていただいた物なのですが・・・めちゃ食べました。笑

(1段目左)味噌ブッセ:冷凍販売されていた味噌ブッセは凍ったまま食べたらアイスのよう ※マーガリン不使用
(1段目中央)味噌プリン:ほんのり優しく香るみそ風味、とろりん系でした
(1段目右)味噌アイスクリーム:イベント1番人気!4月から販売開始した新商品だそう
(2段目左)ポテトフライみそソース:甘めのみそソースが熱々のポテトにかけられています
(2段目中央)味噌鯛焼き:越後のみそ鯛焼きは皮の生地にみそ使用した特別版(通常は醤油を使用)
(2段目右)さつまいもみそポタージュ:C’skitchenの優しい味わいの冷製ポタージュ
(3段目左)味噌モツ炒め:濃すぎず食べやすい味付け、ボリューミーな1品でした
(3段目中央)担々麺:“中華そばふじの新津”のラー油がきいた濃厚だれの担々麺
(3段目右)味噌ラーメン:新潟濃厚味噌の人気店“ラーメン東横”のしっとり鶏胸肉をのせた味噌ラーメン

  

他にも購入したみそ商品。
(左)梅味噌かつお:新潟県亀田地域で江戸時代より栽培されている藤五郎梅を使用したおかず味噌
(中央)越後味噌エール:沼垂ビールで製造されているビール、飲んだら・・・ビールでした!笑
(右)愛知県岡崎にあるみそ蔵、カクキューのかりんとう商品も販売されていました

  

峰村醸造から徒歩3分程、道路を渡った場所にある今代司酒造。
こちらでは酒粕の盛り放題が開催!手づかみで皆様モリモリ。
会場内に地図があるととても助かりました。


▲お世話になった発酵・大醸し祭り実行委員 峰村醸造 の志村さん。

お客様が楽しめるように会場中を歩きながら常にお声がけされている姿がとても印象的でした。
イベントをはじめてから、蔵の皆様はより一層、一致団結されたそう。
みそをもっと食べてほしい、地域を活性化したい、お客様に楽しんでほしい喜んでほしい
1つのものを一緒に創り上げることで生み出されるのは1以上のものだと思いました。
熱い想いが人をよび、人と人を繋いでいきますね。
お忙しい中、ご対応くださり本当にありがとうございました。

発酵・大醸す祭りの次回開催は2019年秋を予定されているそうです**

 

峰村醸造 新潟市中央区明石2-3-44 https://goo.gl/9XusGf
今代司酒造 新潟市中央区鏡が岡1-1 https://goo.gl/4jQ37R

【峰村醸造】新潟駅より
*徒歩15分程
*バス 11・12・13番線
該当路線・大形線(E4)牡丹山線(E5)竹尾線(E6)石山線(E8)京王団地線(S8)
新潟駅万代口~蒲原町 運賃210円 (蒲原町より5分)

コメントを残す

*

CAPTCHA